いっぱいの歯ブラシ

矯正歯科は歯の機能と見た目の美しさに焦点をあてた総合的な歯科治療をする歯医者です。
矯正治療は子供から大人まで、その年代にあったお口の健康と美しさを実現するために用いられています。
かみ合わせを良くすることで、食事を快適にとったりおしゃべりを楽しくできるようになります。
ブラシの当たりづらい部分が減ることで歯と歯茎を健康に保つことにもつながります。
また、美しい歯並びはそれだけで人の印象を改善し、笑顔が自然に出るようにもなります。

審美歯科との違い
矯正歯科は機能面のみを追求するわけではありません。
矯正治療はかみ合わせが良くなればそれでよいというものではないからです。
機能面と見た目の美しさ、そして全体のバランスを整えてくれるのです。
かみ合わせは人間の身体にも大きな影響力をもっています。
正しく整えることでより健康で快適な生活ができるようになります。
では、審美歯科との違いはというと、矯正歯科より審美歯科の方がより見た目の美しさを追求しているということでしょう。

矯正後の綺麗な歯

審美歯科の方が矯正歯科よりも美しさを追求しているとはいっても、審美歯科が機能面を重視していないということではありません。
現在では、この両方を併設している歯科が多くみられます。
患者のお口や歯の状態、本人の希望によって、どちらにでも対応が可能になっています。
ホワイトニングを行っている場合やセラミッククラウン、ラミネートべニアなどの治療法を取り入れている場合もあります。
なりたい自分を実現してくれる歯医者を見つけることが大切です。

鎮痛剤

歯医者に行ってもなかなか歯科技工士というのはピンとこないものです。
歯科医院すべてに歯科技工士がいるわけではありません。
皆さんが虫歯治療をした際に、つめものをしなければいけない時に銀歯や金歯などを選択するわけですが、その銀歯や金歯を作っているのが歯科技工士なのです。
技工士はすべての分野で活躍できます。
例えば、かぶせ物はもちろん入れ歯や審美歯科であるインプラント治療、矯正にも携わっているのです。
歯に装着するものを作るスペシャリストなのです。

技工士の携わり方
技工士は患者の前にはほぼ姿を見せません。
最近では院内に技工士が勤務していることが少ないからです。
主に技工士は技工所というところで作業をしています。
医院からの発注を受け、次回の患者の来院までに仕上げ納品するのです。
これは矯正歯科の装置や審美歯科の部門であるインプラント治療にも当てはまります。
一部分では患者と接することもあり、かぶせ物を装着するときに天然歯との色の兼ね合いを見ることがあるわけですが、その作業を技工士が直接色合わせするのです。
もちろん衛生士や医師も合わせることは可能ですが、審美歯科部門であるインプラントなどの高度な精密さが求められるものは技工士が担当することが多いのです。

ペア歯ブラシ

技工士は衛生士や医師のように患者に直接話を聞いたり、意見を述べたりすることはとても少ないのが現状です。
しかし最近重要視されているのが、技工士と医院、そして患者との連携なのです。
技工士は作り手なので治療する側とは少し考え方が違い、医師や衛生士からしてみれば、装着後の清掃のし易さやコスト、技工士は清掃の仕方はもちろん、審美的な色、形を重要だと考える人が多いわけです。
院内に技工士がいる場合はそういった審美歯科について、矯正歯科についての話し合いができますが、技工所ではなかなかそうはいきません。
これからの時代は技工士と患者の意見交換が必要となってきます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930